姑が逝ってしまった。

未分類

夫のお母さんが逝ってしまった。88歳。44歳の時に出産したのが、夫。
5年前、実家と縁を切っていた私は、頼れるのは隣の県に住むお義母さんでした。初めての育児で、ワンオペで疲れていた私に、癒しをくれたお義母さん。孫を抱いて可愛がってくれたお義母さん。子供が感染性胃腸炎で私が疲弊していた時、感染するかもしれないのに、看病のために近くまで来ちゃったお義母さん。お義母さんの唐揚げがめっちゃ美味しかったよ。ガンのこと、黙っていようとしていた事、それはダメだよ。ちゃんと言ってよ。本当は痛かったはずなのに、我慢して病院行かなかったお義母さん。コロナで病院に行きづらかったお義母さん、気持ちはわかる。でも、痛みはがまんしちゃだめだよ。だって、このクラウドワークスに前書いた日記に、お義母さんの夢見たって書いたもん。あの時、お義母さん、助けを求めていたんでしょう?私も、夫にもっとけしかければよかった。お義母さんに何か起こっているから早く電話してと。
コロナ禍だけど、最後に病院側の特別待遇で、ガラス越しで孫たちに会えたね。あの時、嬉しかった?マスク越しでガラス越しで、声がよく聞こえなかったけど、私はマスクの中鼻水と涙でびしょ濡れだったけど、お義母さんは泣いてた?笑ってたよね。それだけでも、十分。孫たちに会えて4日後に、天国に逝っちゃったね。
早いよ。早すぎる。
でも、ガンの進行も早過ぎた。
お義母さんとのことを思い出すと、泣けてきます。今日も幼稚園に子供たちを送った後、もうお義母さんの唐揚げ食べられないよ思うと、孫を抱きしめてくれないと思うと、声が聞けないと思うと、お義母さんの繰り返しの愚痴も聞くことができないと思うと。
もっとハグしておけばよかった。コロナなんか関係なく、会いに行けばよかった。
なんで後悔はあとからあとからあふれて来るんでしょうか。
こんなに苦しむなら、コロナ関係なくお義母さんに会いに行けば・・・。でも、それでコロナをうつしたら、それも後悔。ほんと悲しいです。

タイトルとURLをコピーしました